Who is princess(フープリ)脱落者・順位や韓国の反応まとめ!評価をする仕組みやトレーナーも紹介

2021年10月より、サバイバルプログラム「Who is Princess? -Girls Group Debut Survival Program-」が日本テレビ系の新番組としてスタートしました。

参加するのは、すでに芸能事務所の練習生として、毎日K-POPメソッドの厳しいトレーニングを受けてきた、13~19歳(平均年齢15.6歳)の日本人少女15人。

ガールクラッシュのガールズグループでのデビューを目指し、わずか5人というデビューメンバーの座をかけた挑戦が始まります。

今回は、「Who is Princess?」参加者の脱落メンバーと順位や韓国の反応、評価の仕組みやトレーナーについてご紹介します!


Sponsored Link

目次

「Who is Princess?」参加者の順位・韓国の反応

【1話】チーム分けの結果

「Who is Princess?」1話では、最初にダンスチェックを行い、デビューに近い「Princessチーム」と脱落に近い「Challengerチーム」に分けられました。

まずは、最初に振り分けられたチームごとの参加者をまとめました!

【2話】チーム分けの結果

2話では、チームに変動はありませんでした。

【3話】チーム分けの結果・脱落者発表

MISSION1の評価をもとに、3話では、PrincessチームとChallengerチームのメンバーが変更されました。

チームごとの参加者は下記の通りです。

前回ChallengerチームだったAINAとRINが、Princessチームへ。

PrincessチームだったUTAとRINKOが、Challengerチームへ移動となりました。

そして、今回初めての脱落者が決定。

残念ながら脱落となってしまったのは、ChallengerチームのSENAです。

これで、参加者は14人となりました。

脱落したSENAは、番組収録後のインタビューで

次のチャンスに向かって、自分のポジティブさを生かして頑張っていこうと思ってます

と、涙ぐみながらも気丈に語っていました。

早くも次のチャンスを見据えているSENAを、これからも応援したいですね!

【4話】チーム分けの結果

4話からは、MISSION2「ソロパフォーマンスバトル」がスタートしました。

この評価によって、PrincessチームとChallengerチーム、どちらになるかが決まります。

4話でソロパフォーマンスバトルをしたのは2組です。

YUMEKO VS UTA

  • 歌:神はサイコロを振らない/夜永唄
  • ダンス:GOT7/Hard Carry

RIO VS HONOKA

  • 歌:ヨルシカ/ただ君に晴れ
  • ダンス:TAEMIN/さよならひとり

【5話】チーム分けの結果

5話では、4話に続き、MISSION2「ソロパフォーマンスバトル」が行われました。

5話でソロパフォーマンスバトルをしたのは2組です。

RINKO VS YUKINO

  • 歌:ずっと真夜中でいいのに/正しくなれない
  • ダンス:(G)I-DLE/LATATA

AINA VS COCO

  • 歌(ラップ):B.O.B/Stranger Clouds
  • ダンス:MAMAMOO/HIP

【6話】チーム分けの結果

6話でも、MISSION2「ソロパフォーマンスバトル」が行われました。

6話でソロパフォーマンスバトルをしたのは2組です。

NIJIKA VS RINKA

  • 歌:ヨルシカ/花に亡霊
  • ダンス:TWICE/I CAN’T STOP ME 

RIN VS RAN

  • 歌:iri/24-25
  • ダンス:ITZY/NOT SHY

【7話】チーム分けの結果・脱落者発表

7話でも、MISSION2「ソロパフォーマンスバトル」が行われました。

7話でソロパフォーマンスバトルをしたのは1組です。

NANA VS YUU

  • 歌:Rin音/snow jam
  • ダンス:PENTAGON/Shine

そして、今回2人目の脱落者が決定。

残念ながら脱落となってしまったのは、RINKAです。

他の参加者と比べて、切実さや努力が足りないとみなされたことが原因だったようです。

これで、参加者は13人となりました。

脱落してしまったRINKAは、インタビューで

先生たちにすごくお世話になって、でもそれを結果で表せなくてすごく申し訳ない

こういう経験ができたことがすごく自分の人生において良い経験だったなと思います

と振り返っていました。

そして今後については、

正直、夢はまだ他にない

多分この夢は続けないかもしれない

と語っていました。

アイドルとしてのRINKAをもう見られないかもしれないのは残念ですが、彼女ならどんな道に進んでも輝けそうです。

いつかまたどこかで、RINKAの姿を見られたらいいですね!

【8話】チーム分けの結果

8話では、雑誌「Popteen」とコラボしたMISSION3「ファッション対決」が行われました。

このミッションで脱落者は出ませんでしたが、チームに変動がありました。

【9話】パフォーマンスのチーム分け

9話からは、MISSION4「J-POP×K-POPパフォーマンスバトル」がスタートしました。

このミッションでは、PrincessチームとChallengerチームのメンバーがミックスされることに。

3つのチームに分けられました。

【10話】MISSION4の結果・脱落者発表

10話でも、MISSION4「J-POP×K-POPパフォーマンスバトル」が行われました。

そして、チームの順位が発表されました。

1位と2位のチームは、全員が次のミッションに進むことができます。

さらに、HONOKAとYUUがPrincessチームへ昇格、RIOがChallengerチームへ降格となりました。

そして、最下位となったTEAM 2(Destiny)から、脱落者1名が決定。

残念ながら脱落となってしまったのは、COCOです。

センターに抜擢されたものの、自信のなさが見えてしまい、期待に応えるようなパフォーマンスを見せられなかったこと、

そして、伸びしろがあまり見られなかったことが原因だったようです。

これで、参加者は12人となりました。

脱落してしまったCOCOは、インタビューで

脱落っていう風に聞いてすごく悲しい気持ちとか辛いっていう気持ちもちょっとはあるんですけど
そういう気持ちだけじゃなくて、
アーティストになりたいという夢は諦めてしまうのかなって正直、脱落するまでは思っていたんですけど
そうじゃなくて、もっと今回経験したことを生かして、もっと上手く行きたいなっていう気持ちになったので
これからは今まで以上に本気で頑張ってみようって決心がつきました

と、今後の展望も交えて語っていました。

ダンス歴わずか1年にして、素晴らしいパフォーマンスで魅了してくれたCOCO。

才能あふれる彼女の活躍を、必ずまたどこかで見たいですね!

【11話】MISSION5の結果

11話からは、MISSION5「ガールズグループパフォーマンスバトル」がスタートしました。

11話ではChallengerチーム、12話ではPrincessチームがパフォーマンスを披露します。

Challengerチームの課題曲BLACKPINK/How You Like That?
Princessチームの課題曲ITZY/WANNABE

Challengerチーム/Princessチームに変動はありませんでした。

11話ではChallengerチームのみのパフォーマンスでしたが、審査員からは

(練習生とは思えないくらい)上手く再現できていたのでよかったです。

表情もとても良かったし、楽しく見させてもらいました

いつか歌手になった時にスター性の始まりになるのではないかというほど、演技力が良かったです

短所を見つけられないぐらい良いパフォーマンスを見せてくれたので、本当に成長したと思います

など、高評価の連続でした!

ただ、2番のラップには、練習の時よりできていないと指摘がありました。

【12話】MISSION5の結果・脱落者発表

12話でも、「ガールズグループパフォーマンスバトル」が行われました。

今回はPrincessチームがパフォーマンスを披露。

こちらも審査員からは

原曲の歌手が思い出せないくらい、PRINCESSの曲かのように自分たちのものにしていたと思います

練習生だと言われたら信じられないくらい余裕がありましたし、エネルギーがとっても溢れていたと思います。

今まで見てきた練習生のステージの中でベスト5に入るくらい、印象深いステージでした

など、かなりの高評価を受けていました。

Princess・Challenger両方のパフォーマンスが終わったところで、チームメンバーが大幅に変更されました。

そして、2人の脱落者が発表されました。

【13話】FINAL MISSIONの結果

FINAL MISSIONでは、「オリジナルソングパフォーマンスバトル」が行われました。

PrincessチームとChallengerチームがオリジナルソングでバトルします。

13話では番組のテーマソングでもある「FUN」をパフォーマンスしました。

13話では、脱落者は出ませんでした。

14話でパフォーマンスする「SOMEBODY」で、デビューメンバーが決定します。

【14話】FINAL MISSIONの結果

14話でも13話に引き続き、FINAL MISSION「オリジナルソングパフォーマンスバトル」が行われました。

14話では「SOMEBODY」をパフォーマンスしました。

14話でも脱落者は出ませんでした。

15話でいよいよデビューメンバーが決定します。

【15話】デビューメンバー発表

14話で全てのパフォーマンスが終わり、5人のデビューメンバーが発表されました。

韓国の反応

「Who is Princess?」に対する韓国の反応をまとめました!

※youtubeのコメントを日本語訳(一部意訳)しています。

대부분이 그냥 일반인 중 잘 추는 친구들이 나온것 같은… 춤에 대해 문외한인 사람이 봐도…

(ほとんどがただ一般人のダンスが上手な子が出てきたような…ダンスの門外漢の人が見ても…)

https://www.youtube.com/watch?v=j7ZWAYIqD7U

다 너무 어리다…ㅠㅠㅠ 너무 어려서 실력을 요구하는 것 자체가 무리.

(みんな幼すぎる…ㅠㅠㅠ幼い頃の実力を要求すること自体が無理)

https://www.youtube.com/watch?v=j7ZWAYIqD7U

이 프로그램은 로컬 일본팝을 지향하는것 같아요. 일본 특유의 코로 발성하는 스타일이 대부분이고. .

(この番組はローカルJ-POPを目指しているようです。日本ならではの鼻で発声するスタイルがほとんどで。。)

https://www.youtube.com/watch?v=xcxAz34wKr0

主に、実力に対するやや厳しめの意見が多く見られました。

これから参加者たちが成長していく中で、評価も変わっていく可能性は十分あると思います!

一方で、番組の構成には賛否両論といった様子でした。

이렇게 춤 노래 대결해야 멤버들의 개성 장단점을 파악하지. 다른 오디션도 이렇게 데스매치해야함.

(このようにダンス・歌の対決をしなければメンバーの個性の長所と短所は把握できない。他のオーディションもこうしてデスマッチしなければならない。)

https://youtu.be/J1DN0RENjiQ

여돌이라면 진짜 아무나 커버 못하는 갓세븐 하드캐리를 도대체 왜 시키는건지 이해가 안되네요

(女性アイドルなら本当に誰もカバーできないGOT7「HARD CARRY」を、一体どうしてさせるのか理解できないですね)

https://youtu.be/J1DN0RENjiQ

Sponsored Link

「Who is Princess?」のトレーナーは誰?

「鬼コーチ」が気になる!

番組のあらすじによると

「伝説の鬼コーチ」の下でデビューをかけた数々の過酷なミッションに挑戦。

https://www.hulu.jp/who-is-princess?detail=open

とあります。

「伝説の鬼コーチ」とは誰なのでしょうか?

ダンスの鬼コーチ

「Who is Princess?」1話で、ダンスの鬼コーチの正体が明らかになりました!

TWICEや少女時代などを手掛ける韓国の振付師、ベ・ウンギョンです!

ボーカルの鬼コーチ①

4話では、ボーカルの鬼コーチも明らかになりました。

日本のボイストレーナー、佐藤涼子さん(りょんりょん)です!

LiSAやSuperflyなどのプロアーティストに歌唱指導活動を行い、これまでに1000人以上を指導してきたカリスマです。

彼女の指導を受けて紅白歌合戦に出場したアーティストは、60人にも上るそう。

ファッションの鬼コーチ

8話のファッション対決では、ファッションの鬼も明らかに!

日本のファッションモデル、河北麻友子さんです!

ファッション誌「ViVi」の専属モデル経験を持ち、Instagramのフォロワー数は163万人にも上ります。

高いファッションセンスが評価されている他、女優やバラエティ番組など、幅広いジャンルで活躍しています!

ボーカルの鬼コーチ②

11話では、2人目のボーカルの鬼コーチが明らかになりました。

韓国のボイストレーナー、キム・ソンウンです!

BTS、TWICE、I.O.I、カン・ダニエル、ヒョナ、ENHYPENなど、そうそうたるK-POPアーティストの指導をしてきた経歴があります。

番組ホストはあの実力派アーティスト!

番組のホストとしてT.M.Revolution 西川貴教さんが、司会進行役を担当します。

パワフルな歌声と圧倒的な歌唱力で、さまざまなアーティストとのコラボでも魅了してきた西川さんですが、かつて韓国アイドルともコラボしたことがあります。

2016年4月、ガールズグループAOAと、シングル「愛をちょうだい」でコラボして話題となりました。

また、西川さんはお笑い芸人顔負けのトークスキルとユーモアセンスの持ち主でもあります。

番組も大いに盛り上がること間違いなしで、とても楽しみですね!


Sponsored Link

「Who is Princess?」評価をする仕組みは?

「チーム分け」評価の仕組み

「Who is Princess?」1話では、「Princessチーム」と「Challengerチーム」のチーム分けが行われました。

ベ・ウンギョンが15人の動きを見て、それぞれのチームに参加者を振り分けました。

チーム分けの基準としては、ダンススキルよりも表現力を重視したそう。

「どんなポジションでも関係なく自分をアピールできていた」参加者を、princessチームに振り分けたそうです!

「MISSION1」評価の仕組み

「Who is Princess?」2話では、最初のミッションとなる「ボーイズグループダンスバトル」が行われました。

「Princessチーム」と「Challengerチーム」が、ボーイズグループのダンスを披露。

その評価によって、15人の参加者のうち、1人が脱落となります。

Challengerチームは、NCT128の「Kick It」

Princessチームは、Stray Kidsの「Back Door」を披露しました。

このミッションでベ・ウンギョンが評価の基準として挙げたポイントは、

  1. チームワーク
  2. 表現力
  3. コピー能力

の3点です。

脱落者を選考するにあたり、

もちろん全員デビューする可能性は持っていますが、デビューを2年後、3年後にするわけではないので、このプログラムが終わった時にデビューできるメンバーを選ぶ。

それを基準に脱落メンバーを選びました

と語ったベ・ウンギョン。

デビューするまでの期間が短いため、即戦力となるかどうかが、重要なポイントとなったようです。

「MISSION2」評価の仕組み

「Who is Princess?」4話では、2つ目のミッションとなる「ソロパフォーマンスバトル」が行われました。

参加者が1対1になり、ボーカルとダンスを同じ曲で披露します。

その評価によって、PrincessチームとChallengerチームの参加者が分かれます。

このミッションで、佐藤涼子さんが評価の基準として挙げたのは

教えたことをどれだけ準備したか、練習したか

ということです。

  • 抑揚
  • 滑舌
  • 眉と目の動き
  • 表情

など、さまざまなポイントを指導する様子が見られましたが、それらをしっかり身につけるよう努力してきたかどうか。

それが評価の基準になったようです。

「MISSION3」評価の仕組み

「Who is Princess?」8話では、3つ目のミッション「ファッション対決」が行われました。

「冬のお出かけコーデ」をテーマに、「大人っぽ」「ガーリー」「スポーティー」「オルチャン」「ストリート」から1つジャンルを選んでトータルコーディネート。

その評価によって、PrincessチームとChallengerチームの参加者が分かれます。

このミッションで、 河北麻友子さんが評価の基準として挙げたのは

  • 対応力
  • 柔軟性

です。

対応力ってところがポージングにも影響してくるし、

アーティストとしても、要求に対して応えられるかという部分でも

柔軟性っていうのは大事なのかなと思って選びました

特に、最後に行われたスチール撮影が、評価の決め手となったようです。

「MISSION4」評価の仕組み

「Who is Princess?」9話からは、4つ目のミッション「J-POP×K-POPパフォーマンスバトル」が行われました。

3つのチームに分かれ、J-POPにK-POPの振り付けをつけてパフォーマンスします。

このミッションでは、

  • チームと個人のパフォーマンス
  • 歌とダンス

が、総合的に評価されます。

3チームのうち上位2チームは次のミッションへ進むことができます。

そして、最下位チームの中から、Princess・Challenger関係なく、脱落者が1人決定します。

「MISSION5」評価の仕組み

「Who is Princess?」9話からは、5つ目のミッション「ガールズグループパフォーマンスバトル」が行われました。

PrincessチームとChallengerチームに分かれ、K-POPガールズグループのパフォーマンスを披露。

このバトルでは一気に2人が脱落します。

そして、「Who is Princess?」のテーマソング「FUN」も手がけた音楽プロデューサー、GALACTIKA*が審査員に加わりました。

  • 誰がPrincessになれるか
  • 自分のどういう魅力を見せられるか

が評価のポイントになるそうです。

「FINAL MISSION」評価の仕組み

FINAL MISSIONでは、「オリジナルソングパフォーマンスバトル」が行われました。

審査を務めるのは、オリジナルソング「FUN」と「SOMEBODY」を手掛けたGALACTIKA*です。

「FUN」をパフォーマンスする上で評価のポイントとなるのは

  • 歌詞やリズムに合わせて、自分を「自分らしく」表現する
  • 短いステージの中で、自分が今とてもときめいていて楽しんでいる姿を見せる
  • 楽しんでいる雰囲気が、テレビを見ている人にも伝わるようにする
  • 表情の演技にも重点を置いてパフォーマンスする

という点だそうです。


Sponsored Link

まとめ

いかがでしたでしょうか?

10月からスタートしたサバイバル番組「Who is Princess?-Girls Group Debut Survival Program-」についての情報をご紹介しました。

15話でついにデビューメンバーが決定!

見事デビューの座を勝ち取った5人の、これからの活躍も応援していきたいですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

韓国ドラマを無料視聴!50音順で探す

人気韓国ドラマを無料視聴!年代で探す

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる